中学受験のメリット

中学受験のメリット

少し前までの受験と言えば高校に入学するための高校受験、大学に進学するための大学受験、国家試験などの資格の受験等でしたが最近では中学校に入学するための中学校受験を行っている中学校もあります。
その中学受験の選抜方法については学校が独自に決定していますが、エリート校化にならないために学力試験以外にも適性検査や作文、面談などをもとに選ばれている学校もあります。
一般的な受験のメリットとしては、学力がつくということや小学校時代から勉強する習慣がつくこと、大学進学に必要な知識やテクニック等を身につける環境が比較的整っていること、学校独自の一貫した教育方針を選択できることなどが挙げられます。
考えられる不安な点は私立では経済の負担が挙げられます。地域や学校によっては奨学金のような制度もあるようです。
小学生という低年齢で受験を経験したことで、子どもには勉強の仕方などが身につき、また家庭では親としてできた行動や意識、子どもへの対応、社会との接点など様々なことに気づく機会になる可能性があります。また受験が終わったからと言っても親にとって子育てが終わりではありません。しかし受験という経験は親や子どもにとって今後の人生の中で大いに役立つ経験になるでしょう。